2006/02/17

コロラド/カリフォルニアのサステイナブル・デザイン

RockyMountain_ext
標高2200mの山間リゾート地にある研究所本部 (ロッキー・マウンテン研究所)

 「Natural Capitalism」が1999年に発行されてようやくその日本語版が昨年の10月に刊行された。この21世紀の資本主義を構想する画期的な著書は、コロラド州にあるNPO/ロッキー・マウンテン研究所を主宰するエイモリ・B・ロビンスとL・ハンター・ロビンス夫妻、並びにカリフォルニアのサウサリトでNPO環境教育団体「ナチュラル・ステップ」を主宰するポール・ホーケン氏により著されたものだ。今回は、AIAの2001年度デンバー大会出席を兼ねて、この著書にも紹介されているコロラドとカリフォルニアのサステイナブル・デザイン・コネクションを辿る旅をした。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/01

ペンドル・ヒルに見るサステイナブルな環境づくり

barnbldg44
ペンドル・ヒル内の「バーン」 古い納屋を改装した建物で集会所として使われている。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2006/01/14

アスベスト問題-アメリカの場合

 ロッキーの美しい自然景観の中に、それと対比する形で先端的建築デザインを配置した...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/10

「エコマテリアル」と「エコデザイン」

earth02

「エコマテリアル」と「エコデザイン」をテーマとした
JIA日本建築家協会2000年度賛助会員大会報告

 第12回JIA賛助会員大会、及び記念合同講演会は2000年3月13日に日本青年館において開催されました。今年は2000年紀初頭の大会ということで、建築を取り巻く産業界にも大きな価値の転換を要求している環境問題について考える機会にしたいと思い、エコデザインの世界的リーダーの1人として活躍されておられる東京大学国際・産学共同研究センター/東京大学生産技術研究所教授(兼任)の山本良一先生をお招きして、地球環境問題からエコマテリアル/エコデザインにわたる広範囲な問題点について、大変力強く且つ説得力に富んだお話を伺いました。続いて建設省建築研究所の福島敏夫氏から、建築分野におけるエコマテリアル、エコマテリアル・デザイン及びエコライフサイクル・デザインの果たす役割についてその現状と課題について、高橋元氏からはJIAが進めているエコマテリアルの評価認定と情報公開について、そして野沢正光氏には建築家は一市民としての尺度を持ち如何に全体を見ながらこの環境問題に取り組んでいくべきかなどのお話を伺いました。岩村和夫先生にはモデレーター役をお願いしましたが、この多角的な視点から成る大変情報量の多い講師の方々の発表と、それに続くパネルディスカッションを見事にまとめて頂きました。講師の方々の議論を全て紹介したいところですが、ここでは誌面の都合から、山本良一先生の基調講演内容を中心に報告したいと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)